2014年3月22日

旅用品の軽量化:SONY Cybershot DSC-QX100レンズスタイルカメラという選択

DSC-QX100
  突然思い立って旅に出るには荷物は少ない方が良い。

Cybershot DSC-QX100を調べてみる


 SONYのCyberShot QX100 + Xperia Z1の組み合わせはスマホにレンズ型のカメラという発想はひょいと旅に出るには便利な組みあわせ。

 ノートPCとデジタル一眼レフとレンズを一つ、それからスマートフォンとそれぞれの充電器にバッテリー、ACやらアダプタやらをバッグにつめると背中に背負うリュックはそれらでいっぱいになってしまう。

Xperiaと組み合わせればデジタルカメラのよう
 スマホにレンズとなれば、荷物が少し、いやだいぶ減ることを期待できる。 バッテリー充電機が大きいと困るのだが、カタログからは大きさはちょいと分からないが。

 ところで、レンズの仕様を見てみたところ望遠は無いようで広角〜標準画角となるようだ。

 ブログ程度で使う旅の写真ではコンパクト・デジタルカメラ程度の使い勝手と手軽さがあれば良い。 ちなみに、レンズはZeissロゴが入っており入門キットのレンズより性能は良いと思われることとf1.8と明るいため夜景などは綺麗にとれるのだろう。

Cybershot DSC-QX100に期待するイメージ


ダーリンハーバーのホテルの窓から
 かなり前になるが、EOS Kissのレンズキットを持っていったシドニーのイメージがカバーできるとありがたいとは思う。

 撮影イメージの為に、広角〜標準でダーリンハーバーのホテルの窓から撮ったイメージだ、いつか使う時があるかもしれないと窓枠を入れて撮影したものだ。

 ホテルの窓にはフィルムが貼ってあるため、少し遠目から撮影すると色が褪せるが実際はもう少し明るいと思ってほしい。

窓からの夜景


 EOS Kissの標準レンズは3.5~4.6と暗いため、夜景には三脚かどこかへ置いて撮影する必要があるのだがf1.8あればかなり手軽に夜景が撮れ場所を選ばずありがたい。

 撮影した夜景は窓枠に置いて撮影したモノで水平が少し曲がっているがダーリンハーバーの夜の雰囲気はなんとなく伝わるのではないだろうか。

  基本的に旅写真は、思い出写真程度であるのでこの程度で十分である。 欲を言えば星空でも写ればパーフェクトなのだが。



ボートをズームアップ

   ズームについて考えてみる


 次に窓から見える、ボートをズームアップしたイメージはどうだろう。

 EOS Kissのキットレンズの望遠で〜200mmで拡大したイメージだがQX100ではこれは難しいのか。

 少し考えてみたところ、QX100の望遠側は中望遠で100mmをカバーとのことなので撮影したイメージは少し小さいかもしれないが、画素数が2倍あるため後処理で切り出しを行ってもweb掲載用としては良いし、Zeissレンズの解像度が威力発揮してくれるだろう。

 ということは同程度以上には使えるとイメージが撮れると期待してよさそうだ。

 荷物量としては、18-55レンズ1本程度に抑えることができそそうで、ボディ+望遠レンズ分を削減可能になるとなると軽量化効果は大きい。



 購入を検討する価値は十分にありそうだ!


0 件のコメント:

コメントを投稿